電動工具高額買取!WEBからのお申込みは24時間受付中!
サービスのご案内
  • 出張買取 対応地域
  • 取扱メーカー一覧
  • お見積り無料
  • キャンペーン情報

最先端の道路工事情報がこれだ【最新の充電機能付き道路を徹底解説】

  • 画像

出典:smarthighway

 

道路の工事に携わる皆さんも知らない、将来の道路事情についてまとめています。

2015年秋にとっておきの情報が舞い込んできました!現在でも新しい道路の仕組みが着々と進んでいます。

 

今回は【最新 道路工事情報 充電機能付き道路の登場!】と題し、イギリスで実験的に導入されている、 電気自動車を走行中に充電できる技術をご紹介します!

 

世界では、こんな道路工事情報がございます!

お仕事の合間に読んでみてください。

 

 

 

kougu-up.charging2

出典:businessnewsline

 

目と鼻の先にある新しい道路の技術

スマートフォンのワイヤレス充電などは皆さんお聞きになったことはあるでしょう。

 

イギリス政府が、主要幹線道路に走行しながら充電が可能な電気自動車

 

(EV)専用レーンを設ける計画を発表したことにより、今度は電気自動車

 

走行中に充電できるという画期的な技術が開発されることがわかりました。

 

試験用充電レーンは早ければ年内にも着工するとしており、試験期間は18か月を予定しています。

 

kougu-up.charging3

出典:CAR NEWS

 

最新技術の原理とは?

充電レーンの原理は、道路に埋め込んだ送電コイルから、EV のフロア部分に取り付けたピックアップコイルへと給電を行う磁気共鳴方式。

 

磁気共鳴方式は電磁誘導に比べると送電可能なコイル間の距離が長いのが

特徴で、路面から20cmほど離れた自動車の底面にも充分な電力を送電できます。

 

 

kougu-up.charging4

出典:the huffingtonpost

 

充電機能付き道路の行方

端的にまとめると電気自動車側にワイヤレス充電機能を設けて走行中に絶えず充電ができるようになるという仕組みです。

 

イギリス政府の発表では磁気共鳴方式の非接触充電に対応する EV が

このレーンを走ることが可能になれば、消費する分の電力を常に路面から

供給しながら走行することができるため、飛躍的に航続距離を伸ばすことが

できるとしています。

 

まだまだ詳細は明らかにされていないようで、様々な企業が関わっているようです。 

補足

 

イギリスのさらなる取り組み!

 

道路工事情報に初耳な話がもう一つあります。
それはイギリスでは現在電気自動車を普及させるために20マイル(約32km)ごとに充電スタンドを設ける計画もあることです。

ますますエコな時代が到来すること間違いなしですね。

道路事情に影響を与える、今後のGPS事情もチェックして見てください!

日本のGPS機能、今後は誤差1cm??「gps工具の今後」

  • この記事を書いた人

    webmaster

    こうの

    記事一覧

  • 画像

    トヨタ自動車が製造する住宅メーカーで現場監督、設計デザイン、営業、大工と学び、ものづくりサポート企業を創業。

    画像

    ジャンルものづくり、業界最新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのトップへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。